備中川面寺山城跡・縄張り図
縄 張 り 図
本丸から大規模な堀切」を隔てて西側 は「西の丸」と呼ばれている。
最高所の主郭は東西約15m、南北約20mと小規模だが、西側にそれほど大きな段差を設けず2郭が連なっている。
「本丸」側の堀切に向かっては、2段の腰郭と東西約30mの細長い郭を尾根線上に配している。
主郭から南にのびる尾根線上には、階段上に2郭を配し、南側に堀切を設けて切断している。
北〜北西斜面には帯郭が顕著で、かなりの高低差をもって3段の帯郭が設けられている。そこから西にのびる尾根上にも小規模な郭があり、また北西方面の谷筋 には書く竪堀の可能性のあるくぼみが見られる。